19-1-117

19-1-117


予告編

作品ジャンル

映画

作品紹介

自己と拡張された反映像が作る閉回路
やがて閉じたシステムに囚われる


お知らせ

卒業制作展でのアフタートークを録画配信しています。

鈴木卓爾さん『嵐電』(監督)、
『セトウツミ』『佐々木、イン、マイマイン』(出演)
✖️
鴨林諄宜『A-11』『19-1-117』(監督)


CAST

鴨林諄宜

STAFF 

撮影/録音/編集鴨林諄宜
制作/整音高橋啓至

監督

鴨林 諄宜 ​Tomonari Kamobayasi

1999生まれ 大阪府出身

映画が好きで京都芸術大学に入学。

やがて映画を作ることに興味が湧き、3回生時に中編「A-11」を監督。

作品へのメッセージ

「機材や協力者を増やすのではなく今あるものを十分に活用するべきです。作家の動く身体、作家の想像力に富む心、この二つを使う自由」この言葉に魅せられ、何度も思い出し作品を作りました。自分の中に向けて作ったものが、外へ出るときは自分の想像を軽々と超えて欲しいです。


Tag

#SOTSUTEN 2020#京都芸術大学 映画学科#映画


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。