瑶響濤凮

(たまゆらなみかぜ)


作品ジャンル

インスタレーション

作品紹介

Covid-19 Season: Vibescape
新生活様式と言われるコロナ禍を投影した映像と、
変わることのない現実をただ傍観することしかできない私たちのドキュメント。
鏡に映し出される自らの姿によって、生を意識するインスタレーション。

コロナ禍と私たち

人は目を閉じていても光を感じます。音は振動として、耳だけではなく肉体全てに情報を与えます。反復する光と音の反射を、頭の先から足の先まで感じてください。

私は、人の変われるタイミングは自分次第だと思っています。
パンデミックが起こり、日本では「新しい生活様式」なるものを高らかに、また当たり前のように口ずさみますが、一体それは具体的に何だったのでしょうか? 現に今、人々はあらゆる情報に揉まれながらも、マスクをしていれば大丈夫とでも言うように、大型スーパーや観光地に屯います。そうして、私たちは変わることのない現実をただ傍観することしかできないのでしょうか。

このような状況なので、卒展へ大々的にお招きできないですが、代わりに地球の反対側まで届くよう、オンラインでインスタレーションの欠片を届けます。本ページの映像は、下記の展覧会で展示された『瑶響濤凮 / Covid-19 Season: Vibescape』から切り取った、空間の欠片です。各々の家庭から、映像の窓を覗いてみて下さい。


KUA ANNUAL 2021 irregular reports

いびつな報告群と希望の兆し

プレビュー展

期間:2020年12月3〜18日

場所:京都芸術大学 ギャルリ・オーブ


過去の展示

「KUA ANNUAL 2021 irregular reportsいびつな報告群と希望の兆し」
プレビュー展

日時:2020年12月3日(木)~18日(金) 10:00~17:00
場所:京都芸術大学 NA人間館 ギャルリ・オーブ

「2020年度 京都芸術大学 卒業制作展」

日時:2021年2月6日(土) 〜 2月14日(日) 10:00~18:00
場所:京都芸術大学 TN高原校舎 1F|TM11・Aスタジオ

「KUA ANNUAL 2021 irregular reportsいびつな報告群と希望の兆し」

日時:2021年2月23日(火)~26日(金) 9:30~17:30
場所:東京都美術館 1階 第2・第3展示室

飯田 匠海 Takumi Iida

1998年生まれ 大阪府出身

高校時代は機械工作を学びながら、陶芸や油絵、木工作品を制作する。

大学入学当初は映画美術に触れる。その後、撮影や照明、脚本、音について学び、卒業制作ではインスタレーションを手掛ける。

   


Tag

#SOTSUTEN 2020#インスタレーション#京都芸術大学 映画学科


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。