リオンと散歩

(対談:米川幸リオン×鈴木卓爾)

リオンさんのことを学生時代から知る、映画学科教員であり映画監督・俳優の鈴木卓爾さんと二人で散歩をしながら、これまでの道のりとこれからについて対談していただきました。在学中のこと、ターニングポイントとなった作品、卒業後のこと、『二重のまち/交代地のうたを編む』に参加した経緯など、のんびりとした打ち合わせからお楽しみください。


プロフィール

米川 幸リオン ​​Yonekawa Kou Leon

1993年三重県生まれ。父親がイギリス人、母親が日本人のニッポン人。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映画学科俳優コースと映画美学校アクターズコースを卒業。主な出演作品は、チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 、チェルフィッチュ『消しゴム山』/『消しゴム森』、小森はるか+瀬尾夏美『 二重のまち/交代地のうたを編む』、ミヤギフトシ『感光』など。また【伯楽-hakuraku-】のメンバーとして、岩手県住田町でのインディペンデント映画の企画〜上映までも行なっている。


轍 ——『二重のまち/交代地のうたを編む』米川幸リオン——

卒業生の活躍をクロースアップするとともに、それまでの道のりを振り返る特集
「轍(わだち)」米川幸リオンさん特集


Tag

#インタビュー#京都芸術大学 映画学科#対談


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。